2010年09月27日

レンタルビデオのブロックバスター破綻

アメリカでの話ですが、大手レンタルビデオ会社のブロックバスターが経営破綻してしまったようです。
ネット上のレンタルDVDが普及するにつれ、実店舗で運営しているレンタルビデオ屋さんは収益が伸び悩んでいるみたいですね。

このブロックバスター、私も詳しくはしりませんのですが、米最大手のレンタルビデオ・チェーンを展開していたようで、最盛期には9100店舗を数えています。

けれども、ここ数年、ネットでの郵送レンタルDVDの伸びに圧迫され、すばやい対応ができていなかったようすです。
一応、ネットでのレンタルDVDもやっているようなんですが、実店舗をかかえながらは対応しづらいのでしょうか、ネットフリックスが現在では業界1位になっています。

ほかにも、インターネット経由で映画配信できる機器なども最近はいろいろ出ていていますが、往々にして、大企業というのはすばやい対応ができないのだろうと思われます。

最近では電子書籍なるものも出てきていますが、ネットで本を読める時代になっても、本屋さんや出版業界はつぶれないという人が多いです。

けれども、このブロックバスターの破綻を考えると、今のうちにすばやく対応した方がいいんじゃないかなって気もします。
環境が変化してから対応していたのでは遅いので、何事も先手を打って対応するべきなのだろうと思います。
posted by センター長 at 16:02 | レンタルDVD