2012年05月22日

寝室もブルーレイに対応しました。

居間のテレビのブルーレイ対応は済んでいたのですが、私の寝室にある小型テレビの方がまだ対応していなかったので、このたび再生機器の方を購入することにしました。
いろいろとあったのですが、わりと安くて置き場所にも困らないようだったので、縦型のブルーレイレコーダーを購入してみた次第です。

パナソニックのこんなやつです。



私は特に画質にこだわっている方でもないのですが、やはり、ブルーレイに対応していたら、レンタルDVDなどでもブルーレイをかりれます。また、ブルーレイレコーダーが2台あれば、普通に2番組同時録画が可能になるわけですので、見たい番組を見逃すということもないようです。

とはいっても、テレビはほとんど見てなくて、適当に番組をとりだめしては、あとでまとめてみるという感じなんですけど、HDDの録画容量が大きいとなかなか便利かもしれません。

ただ、使ってみると意外に難しかったりもするようです。
若者のテレビ離れが進む一方、テレビを見ているのは年配の方が多いように思うのですが、機能が複雑化しすぎていて、たぶん、こういうのを実際に使えるじいさん、ばあさんは少ないのではないでしょうか。

たぶん、年配の人でほとんどの人は実際には録画できないような気がしますが、横文字や専門用語が多いのがネックになるのかもしれません。「ファイナライズ」とか、「フォーマット」とかいわれた時点で、お手上げなのではないでしょうか。

若者はテレビを見ないわけですし、テレビを見ているのは老人が多いわけですから、もう少しわかりやすい機種が出てきてもよさそうな気もします。
posted by センター長 at 00:16 | レンタルDVD