2009年07月23日

レンタルしたDVDは薄っぺらい

各社のレンタルDVDは非常に薄いものが多いですが、たいていは2枚組みでの発送になっており、厚さの方も1センチ未満のものが多いです。

レンタルDVDはやはり、ポストに投函するものですので、はたしてこれで壊れないものだろうか?という素朴な疑問も出てきます。

緩衝材などのクッションもこれといって入っていなく、薄っぺらいケースのなかに、DVDの表面を保護するティッシュ?のような白いのをはさむぐらいです。

多少不安になったりもしますが、そのへんの事情については、郵便の配達員さんが詳しく知っているようですので、丁寧に扱ってくれるようです。

おそらくポストに投函する時以外は、それほど衝撃を受けるようなこともないのではないかと思います。

郵便ポストの方でも、中の方は袋状になっているはずですので、ほぼ衝撃を受けるような機会はないのではないかという気もします。

レンタルDVD各社では、保障などもついているケースが多いですので、万一壊れたとしても、弁償などの費用は発生しない仕組みが多いと思います。

そんなわけで、安心してレンタルDVDしても大丈夫かと思います。

posted by センター長 at 20:02 | レンタルDVD

2009年06月30日

レンタルDVDのゲオ - オンライン

レンタルビデオショップに「ゲオ」というのがありますが、去年あたりまでは、ネット上での宅配レンタルDVDも利用できていたようです。

でも、去年あたりからなくなってしまったんですよね、ゲオレンタルDVDって。

何でも、ぽすれんと合併するとかしないとかっていう話だったんですが、結局どうなってしまったのかいまいち判然としないです。

でも、最近になって、新しくゲオ - オンラインというのができるようで、宅配レンタルDVDも近々開始されるみたいです。

結局のところ、「ぽすれん」のレンタルDVDサービスということみたいですが、DVDなどの通信販売や中古買取などもあるみたいですね、、。

ゲオは私の地方にもあるんですが、たぶん、日本全国、たいていの地域にはあるのではないでしょうか。

レンタルDVD会社もたくさん出てきているんで、どれを利用しようか迷ってしまいます。

posted by センター長 at 19:20 | レンタルDVD

2009年06月12日

複数のレンタルDVDに登録してもいいものだろうか?

ツタヤや楽天などレンタルDVDのサービス会社にもたくさんの種類が存在します。

それぞれに無料お試しがありますが、はたして複数のレンタルDVDに登録してもいいものだろうか?という疑問もあったりです。

各社、それぞれに無料お試し登録すると、全部で結構な枚数がレンタルできると思うんです。

お試し制度のある宅配レンタル会社にも4社ぐらいはありますから、数十枚ぐらいになるかと思います。

ただ、見たい映画やドラマというのは、そうそうあるわけではないと思うんです。

あれと、これとっていう感じで見ていくと、10枚ぐらいで終わっちゃうものと思います。

クレジットカード情報をのいろんなとこで登録することにもなりますし、、

あと、DMMで借りたケースにツタヤのDVDをいれちゃったり、、っていうこともあるかと思います。

そんな意味でも、レンタルDVDの無料お試しをいろいろした場合のDVD返却や退会届けなどはきちんとしておきたいものです。

posted by センター長 at 19:20 | レンタルDVD

2009年05月28日

月末にレンタルDVDに登録してもいいものだろうか?

レンタルDVDにかぎらず、ネット上のサービスには「入会月無料」という特典がついているケースが多いです。

となると、月末に登録してしまうとなんだか損をしたような気分になってしまうので、なるべくなら月の上旬に入会するのがいいのかなという気もします。

わたしもDVDではないのですが、レンタルサーバーを借りる際に、うっかり月末の最後の日に借りてしまい、非常にもったいない思いをしたことがあります。

月初め無料で31日に借りたものの、無料期間はその日で終わり、次の日からすぐに有料期間がスタートしてしまいました。

そんなことにならないためにも、ネット上のサービスは利用規約をよく読んで、なるべくなら月初めに入会した方が何かとお得です。

ただ、レンタルDVDサービスによっては、日割り計算になるとか、何日から何日までが契約期間というシステムになっているところもあります。

一番ぶなんな入会日はやはり、月初めに登録するのがいいようです。

posted by センター長 at 20:10 | レンタルDVD

2009年05月26日

ブルーレイ対応のレンタルDVDは借りてもいいものだろうか。

ブルーレイ対応のレンタルDVDが多くなってきましたが、このブルーレイディスクというのはどうも専用の再生プレーヤーが必要みたいなんです。

レンタルDVDサイトにはたくさんのブルーレイが並んでいたりしますが、うっかり青いやつを借りてしまうと、せっかく借りて来ても再生できないという状態になってしまいます。

ブルーレイの再生機にもいろいろ出てきているようなんですが、どこまで普及しているのかはわかりません。

ブルーレイは、DRMのかかっていないアナログ放送を自由に録画できる機械らしいのですが、今後は「ブルーレイ課金」として消費者から補償金が徴収されるようになるらしいです。

機械を購入するときに、1000円を上限に1%ぐらい徴収されるようなんですが、ブルーレイディスクのDVDを購入する際にも1%ぐらいが徴収されるもようです。

posted by センター長 at 21:20 | レンタルDVD